Q&A about what we do

衣服や靴、寝具などをずっと清潔にできる加工とはどういうことでしょうか?

ポリジンでは、臭気を抑える加工方法を2つご用意しております。

1. バクテリアの成長を抑制する抗菌防臭加工「ポリジン」
2. 空気中のニオイを吸着分解する「オドークランチ」
これらの加工は繊維や素材の生産時に加工が施されます。

生地や衣服の生産もされているのですか?
ポリジンは衣料品や製品を製造しておりませんが、スポーツ、ライフスタイル、ファッション、ワークウェア、フットウェア、ホームデザインなど多岐にわたる分野で、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの世界中のブランドと契約を結んでいます。ポリジンは加工場に薬剤の手配や加工方法などを供給しています。

どのようにポリジン加工の効果が発揮されるのですか?
身の回りの製品から不快なニオイがなくなると、使用回数も増やすことができる上に最低限の洗濯回数に抑えることが可能となります。これは、今日私たちが直面している大きな環境問題の解決策の一つにならないでしょうか?洗浄回数が減れば、水、エネルギー、時間、廃棄物を抑えることができます。洗濯による製品の劣化を防ぐことができます。

そして抗菌加工が施されることによって、過度な洗濯を抑えるほか、衣類そのものにバクテリアが繁殖しなければ、製品も長持ちします。また、お気に入りの製品からニオイがすることで廃棄する必要はありません。ポリジン加工が施されていると衣服の寿命自体も延ばし、エネルギーと水の使用量を減らすことができます。

持続性に優れているのはなぜですか?
ポリジンでは加工された繊維を第三者の試験機関にて性能テストを行っています。当社では、過去に最高100回までの洗濯耐久性テストを行い、その効果があることを確認しています。このことは、衣服/製品の寿命の間、衣服が新鮮な状態を保つことができることを意味しています。

もし、お手元にある洋服をすぐに捨てず、今より9ヶ月長く着用したとしたら、その洋服を破棄する際に発生する二酸化炭素の排出量を約16%、水の使用量を約20%、廃棄物を約8%削減することができます。

服に対する概念を変えたい。でもどうやって?
繊維製品の生産は、世界全体のCO2排出量の10%を占めていると言われています。同時に、私たちは過去に比べてより多くの衣類を捨てているデータも発表されています。これは環境にとって大きな問題ですが、ポリジン加工を施した衣類を使用すれば、繊維産業の影響を軽減することが可能になります。

短時間しか着ていない服や、お気に入りのアイテムも、ポリジン加工されていたら毎回洗わなくても大丈夫。洗濯回数を減らすことで、生地の劣化も防ぎます。外部の学術研究では、ポリジン加工された衣類を使用し、10回に1度の洗濯をスキップするだけで、環境への影響を軽減できるという結論が出ています。4人家族の一般的な家庭では、普通車からハイブリッド車に乗り換えるのと同じくらいのCO2排出量を、時間をかけて節約することができます!

Back to ポリジンとは?
ポリジン加工を施した衣服を使用することで、繊維産業の与える環境問題への影響を軽減することができます。
洗濯回数を抑えることで、水、エネルギー、時間の無駄を省くことができます。
ポリジンの役割とは、人々や環境に優しい方法を用いて、様々な方法で身の回りのニオイの悩みから解放することです。