Polygiene ViralOff™

Polygiene ViralOff™

Polygiene ViralOff™ (ポリジン・バイラルオフ)加工は一定時間で繊維上の99%のウイルスを減少させる*繊維への抗ウイルス加工技術です。

2004年SARSが流行した際、抗ウイルスや抗菌加工への需要が急増しスウェーデン大手薬品会社Perstorp社が開発した抗菌・抗ウイルス加工技術を専売する企業がスピンオフし誕生しました。それが「ポリジン」です。

2020年、新型コロナウイルスの流行拡大は世界的な生活の変化を余儀なくされ、我々は起業時の原点に立ち返り、ウイルス対策のノウハウや知識を応用した新製品「ポリジン・バイラルオフ」を発表することに至りました。

ViralOff Polygiene

ポリジン・バイラルオフ加工は2020年に発生した新型コロナウイルス流行に対する“応急処置”とも言える発表となりましたが、COVID-19のパンデミックが落ち着いた後も多くの製品において衛生面と保護のニーズに応える長期的なソリューションとなるでしょう。また今後多くのシーンで抗ウイルス性を備えた製品が新たな常識となることも強く示唆されています。

Q&A | ポリジン・バイラルオフについて

ポリジン・バイラルオフは
どのように役立つのでしょうか?

ポリジン・バイラルオフ加工は繊維や素材の表面に付着した特定のウイルスを一定時間で99%減少*させることができます。(*ISO18184:2019による試験)ポリジン・バイラルオフ加工を開発するにあたり、私たちは2つの基準を満たしたいと考えていました。1つは、世界で共通とされている試験方法で抗ウイルス機能を立証することができること。第2にこの加工技術が抗ウイルス機能を必要とする多くの繊維に加工が可能であることです。ポリジン・バイラルオフは医療シーンで使われる製品に限らず、ウイルス対策を必要とされる場で使用・着用される様々な製品に採用いただいております。

どのように機能しますか?

ポリジン・バイラルオフ加工は繊維上の特定のウイルスを一定時間で減少*させる加工技術であり、ウイルスの働きを抑制するものではありません。また、この効果は永久的なものではありません。ISO18184:2019試験ではH3N2、H1N1、SARS-CoV-2のウイルスに対する効果が確認されています。

肌に触れても問題ないですか?

皮膚上の細菌の成長を妨げることはありませんので皮膚への影響はありません。

どのように加工されますか?

多くの繊維製品の生地生産における仕上げ段階で生地に加工されます。またポリジン・バイラルオフは既存の生産設備で複数の仕上げ処理と同時に加工を行うことが可能です。そのため、追加の水やエネルギーを必要とせず環境への影響を軽減することができます。

どこで生産されていますか?

ポリジ・バイラルオフ加工に使用する薬剤は、資源の使用を最小限に抑え、厳しい環境規制に沿ってEUで製造されています。

環境に対する認証はありますか?

Oeko-tex® Eco Passportsにて薬剤が認定されています。

ポリジン・バイラルオフは何から作られている?

塩化銀が有効成分となります。ポリジン・バイラルオフはナノシルバーではありません。

どのような製品に加工ができますか?

手袋やマスクなどの抗ウイルス機能を必要としている消費者のための繊維製品をはじめ、医療従事者、医師、看護師だけでなく、救急隊員が着用する個人用保護具やスクラブへの加工も可能です。さらにポリジン・バイラルオフ加工を施していただくことにより、製品をより長く使用できるという利点もあります。

医学的根拠はありますか?

医療的な効果は謳っておりません。この機能は加工された繊維製品に付着したウイルスを一定時間で減少させます。例えばマスクを着用することでウイルスの侵入を完全に防ぐことはできませんが、ポリジン・バイラルオフ加工されたマスクを着けることで加工されたマスク生地にウイルスが付着しても一定時間で減少させることが可能になります。

VIRALOFF®︎ PRODUCTS AND BRANDS WITH POLYGIENE VIRALOFF™️ TREATMENT

世界中の様々なブランドからマスクをはじめとする様々な製品にポリジン・バイラルオフ加工が採用されています!

P.A.C,  är,  Maloja,  Bumpa,  CorpoTex.,  SilverTek USA,  ASRV,  STOGO,  Sciin,  Everbasics,  DistanZ Face Mask,  DèPio.