汗とニオイの関係性

“運動中は汗をかき、気づいた時には自分からニオイが・・・”

汗がクサくなる理由

汗をかくということは、人間にとって自然な反応です。平均的な人間の体の中で最大260万の汗腺(20%は足の上に位置しています)の冷却と熱を分散させる作用は私たちの身体を正常に保つために不可欠です。人体は暑い環境では1時間に1リットル以上の汗をかくことができます。

汗自体は自然のもので無臭ですが、衣類に付着すると繊維の湿度もあがります。これが臭いの原因となるバクテリアの繁殖に最適な環境になります。細菌が汗に含まれるタンパク質や脂肪酸を分解することで、我々が感じる「汗のニオイ」が放出されます。ニオイの発生を軽減するには、バクテリアの繁殖を根源から止める必要があります。ポリジンの抗菌防臭加工は繊維上で増殖する細菌にのみ効果を発揮するため、皮膚上にいる天然のバクテリアには影響を与えません。

Back to How it works
体内の汗腺はこんなにもあります!実はその20%は足に集中していることをご存知でしたか?
ポリジンは、ニオイの元となるバクテリアの繁殖を防ぎます。
ポリジン加工された衣類なら、汗のニオイも発生させません。